TMJ Doctor pillow
 
 
同じ姿勢を繰り返す人々の首の X-ray 写真を撮って見れば日付け目に変わって自然な C字形の姿が喪失されたことを見られる. その影響によって彼と繋がれた 胸椎, 腰椎, などが少しずつ行き違って...
あまり硬い木枕のような枕をしたら組織があまり押えられて損傷の恐れがあり、あまり柔らかいと脛椎を支えてくれないからである。 あまり高くてあまり低い枕はやはり避けなければならならない。
 
人体工学的な設計をしたドクターピローはおおよそ 1年位さえ使ったら体形がきちんとつかまることで後首が固い感じ、肩痛症、後首が固い感じ、肩痛症、足長さ差、姿勢不良、肩高く差、頭痛、偏頭痛、消化不良、などの痛症が軽減されます。

TMJ症状 : あご関節痛症、頭痛、偏頭痛、肩わだかまりなど
歯牙校正 : 八重歯、しゃくれたあご、など
Chiroプラクティク : 首腰ディスク、脊椎など
CRANIAL : ひどい頭痛,偏頭痛,頭脳思考の以上など

開発者の紹介
歯医者/オーストラリアのChiroプラクティク医者/カトリック医科大学外来教授/TMJ Chiro研究会長/アメリカGP 歯牙校正研究会 & 東京歯科研究会韓国支部長
現在TMJ−Chiro研究学会長アメリカGP歯牙矯正研究会&東京歯科研究会の韓国支部長を歴任している。 彼は多年間診療した患者の経験を元にして見たDoctor poillowを開発するようになった。
"枕おかげさまで痛み止めなしも軽くなりました" 高等学校 3年生の時ひどく偏頭痛及び悪関節痛症が始まったし、肥厚性鼻炎で結局手術まで受けなければならなかった. すなわち, 鼻で息をすることができないし...

TMJ Doctor pillowが必ず必要な人
長期間のコンピューターの使用者、長時間の本を見る受験者、考試の準備生、長期間の運転者、交通事故の後遺症がある人、よく頭痛がある人、姿勢が曲がった人、いつも疲れる人
TMJ Doctor pillow